FC2ブログ

靴を育てて、心を宿す。思うがままに。

~靴磨きを通じて、己の精神をも磨いていく。靴も自分も、使い捨てられぬよう~

明日から復職なのですが・・・

こんばんは、ちむにぃです。

いよいよ、明日になりました。そう、復職です。1ヶ月、しっかりとお休みさせていただきました。
気持ちの面では、しっかり落ち着きを取り戻し、さぁやるぞ、と昂っているのですが、
勢い余って、また潰れないように気をつけないと、と思っています。

学生時代に塾講師をしていた頃の信念を、ふと思い出しました。
「講師は生徒の120%できる量の課題を出せ、そのうち80%こなしてもらうと96%のノルマ達成になる」

そうでした、100%なんてできっこないんでした。
それなのに、倒れる前は120%でやらなきゃ、150%でやらなきゃ、と追い込まれていました。
周りが見えなくなって、自分ができないレベルを自分で求めてしまっていました。恐ろしい。

仕事ができる人間、の方が格好いいのかもしれないけれど、
個人のスキルに大きく関わってくると思います。まずは、そのスキルを伸ばすことから。。。

言われたことの8割を、自身の8割の力でやって、64%できたのなら、及第点。
(大学の試験の基準は60点ですもんね)
そうやって、自らを追い込みすぎないよう、気をつけながら心機一転頑張ります、では。
スポンサーサイト
  1. 2019/06/13(木) 21:06:15|
  2. うつと向き合う
  3. | コメント:0

うちの会社、対応が神だったのではないか、と。

こんにちは、ちむにぃです。

Twitterとか見ていると、鬱の方のツイートなども流れてくるのですが、
会社の対応が良くも悪くも、まるっきり違うんだなぁ、と思って見ています。
こんなにも接し方が違うのか、と。びっくりしました。

うちの会社の対応を示してみようかと思います。

会社へうつ病の申告(診断書のPDF付、部署の上司宛)

上司からの返信、電話
人事担当に伝えて良い個人連絡先の確認と、引き継ぎの仕事の件での連絡でした。
この際に上司から「心配するな、しっかり休め。むしろこんな時に仕事の確認させて申し訳ない」
の一言をもらい、すごく安心したのを覚えています。

人事担当からの連絡(メール、電話)
上司の確認が取れたから休職の手続きが必要だけれども、まずは顔を見て話したい、と。
会社の近くでなく、私の家の近くで会えるよう、手配いただきました。

人事担当との面会
ラフな格好で、と言われても・・・と思い、オフィスカジュアルくらいで行ったら、
まさかの半袖短パンの人事担当を見つけてびっくり。カフェでたわいない話をして、
直近の勤務状態などのヒアリング、休職届けの記入などしました。

復職までの会社の対応はこんな感じ。こちらから、通院状況などの報告はしていましたが、
基本的に休職期間中に会社からの干渉はほとんどなかったです。
すごく親身に接していただいたし、私の身に何かあった時の対応なども、
きちんとお話いただいていたので、休職中に不要な心配をすることはなかったかな、と。
本当に、本当に、感謝でいっぱいです。

実は、明後日から復職予定です。順調に回復してきたので、復帰もスムーズに行くといいな。。。
  1. 2019/06/12(水) 12:39:30|
  2. うつと向き合う
  3. | コメント:0

なぜ、無理に抱え込んでしまうんだろう

こんにちは、ちむにぃです。

人付き合いをしていて、何気にしてしまうのが「気遣い」。
気遣い、って何なんでしょうね、ほんと。
不必要なほどにしてしまうと、人間関係くずれちゃうし。

休職前、私はある先輩に対して、気遣いをずっとしていました。
その先輩は、機嫌によって私への当たり方が違い(朝と夕方でも違う)、
私はビクビクしながら過ごしていたのは事実です。
その先輩にも伝わっていたのか、飲み会の場では
「嫌いなら嫌いとはっきりさせて、嫌いなりに接しろ」とよく言われていましたが。

・・・果たして、そんなことできるでしょうか。
嫌いなものは嫌いだと言いたいですが、言えない環境もある。
だから、気遣いをしてしまうんでしょうね。
「親しき仲にも礼儀あり」を私は気遣いするものだと捉えていました。
確かに、そういう面もあるのかとは思いますが、
適切な距離感を保つ、だけなんでしょうね。
これがうまくできればなぁ、苦労はしないんでしょうけどwww

たわいもないことを考えていた週末の昼下がりでした。
  1. 2019/06/09(日) 16:30:49|
  2. うつと向き合う
  3. | コメント:0

がんばらなくてもいい

みなさま、こんにちは。ちむにぃです。

昨日、休職したことをお知らせしました。
うつで休職しました(現在進行形)
告知した通り、うつになって感じたことをお伝えできれば、と思います。

何事にも、がんばれがんばれ、と根性論で片付けようとする方がいますが、そんなもん、うまくいかない。
何を、どう頑張るのか明確にしたうえではじめて、努力ができます。
例えば、とある製品について「勉強不足だから勉強して」と指示されても、わからないものはわかりません。
どの領域が勉強不足なのか、どの側面について知っていてほしいのか、などを指示する必要があるかと思います。
指示待ちはよくない、と言いますが、経験もない人間に自分でやって、とは言えないはずです。
・・・そもそも、勉強不足、という指示は、何かやったことに対する返答なのですから。

私が追い込まれていったのは、この連鎖だったのではないかと思っています。
私が、先輩に聞けなかった(聞けるような関係ではなかった)、先輩の指示も上記の通り曖昧だった、
おそらく、お互いに良くない状態だったんでしょうね。
先輩にはお酒の場で人格否定とかもされてましたし(私の口癖「すみません」が癪に障ったそうだ)、
私は聞き流すようにしてましたが、我慢ができなくなった感じでした。

適材適所、合う人は合うが合わない人は合わない。
何においてもそうなんだと思います。仕事も、人間関係も。
一方が合わないと思った瞬間から、もう、うまくいくはずなんてない。
まして、力関係が上の人が、こいつ合わないな、と思った瞬間に下の人間は破綻するんです。

一方的に言っているようになってしまいましたが、私にだって直すべき点は山のようにあります。
ですが、周りの環境を変えない限りは、何をどうしたって変わらないんだと思います。
復職して、環境が少しでも良くなることを祈って・・・
  1. 2019/06/04(火) 22:25:41|
  2. うつと向き合う
  3. | コメント:0

うつで休職しました(現在進行形)

相当、ご無沙汰しておりました。ちむにぃです。
入社から1年が経過しました。サボりすぎですねwww
1年前に書いていた記事の靴たちは、いい具合に成長しておりますが、(また近況報告します)
私自身は、というと・・・。

この1ヶ月、休職しておりました。
というのも、心療内科にて1ヶ月の加療、休養が必要と診断されたためです。
何かの役にたつかもしれないので、記録として書き残してみます。

大学院時代、研究室にてパワハラを受け、しばらく休養したことがありました。
そのころと同じような状況となってしまい、当時のことをフラッシュバックした途端、
会社へ向かうことができなくなりました。家を出てすぐにしゃがみ込み、立てなくなりました。
その前、数日間は体調を崩しており、風邪を引いたのかなぁ、インフルエンザまだ流行ってるしなぁ、
とか考えていたのですが、脳が限界を超えて体に影響するんだと後日、心療内科の先生より教わりました。

兎にも角にも、その時は繁忙期だったため、休職なんてできない、とか思っていて、
会社はすぐ休職手続きを取ってくれたのですが、頭の中は引き継ぎのことばかり。
全く休養にならず、ただただそわそわしているだけでした。
人事の方からも、会社PCは開けるな、部署の人と連絡取るな、と仕事を無理やりでも隔離するように
言われるほど、気になっていたようです。そんなにクソ真面目だったのか、俺。

唯一の救いは、薬を飲むと眠くなること。院生時代は寝れない、食べないで、体調が最悪でしたが、
今回は実家にいたため、意欲がなくても食事も取ることができ、寝ることができたのは救いでした。

また、趣味の車の運転が、薬の副作用の影響から制限されてしまい、
いろんな方から、ストレス発散、と言われましたが、それができず、悶々とする日々でした。
(道端で、取り扱っている製品の型番と同じ番号を見かけただけで動悸、息切れを起こすような感じだったので、
運転なんて、もってのほか、という状況だったのかもしれませんが・・・)

もう一つの趣味、パソコンいじりを始めるべく、休職中の出費はとんでもないことになりました。
(落ち着きがなく、衝動買いをしまくる生活でした。家計簿つけて、びっくりしました)
パソコン買って、パーツ買って、パソコン買って。。。本当にひどいもんです。

仕事のことを忘れられてきた頃から、徐々に回復してきました。
眠気がより強く(薬が効きすぎている)、動悸・息切れの回数は少なく、
外を出歩くのも問題がないようになってきました。

診断上はうつ病、でしたが適応障害のような感じだったのでしょうか。。。
今、数ヶ月前の写真を見ると、とにかくげっそりしていて、自分で気づけないもんかな、と
ただただ驚きを隠せないばかりです。
自分は大丈夫、と思っていたのがダメだったのかもしれません。

うつになって感じたことなどを次回から書いていこうと思います。長くなったので、ここまで。
グダグダだけど、許してくださいね。
  1. 2019/06/03(月) 18:10:14|
  2. うつと向き合う
  3. | コメント:0

プロフィール

ちむにぃ

Author:ちむにぃ
ねんれい: 20歳代
しごと: 大学院生、塾講師
    →医療機器メーカー社員
就活を通じて感じてきた、
靴磨きに対する想いを、
今ここで熱く語る・・・!(?)
靴磨きに限らず、あれこれと。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

靴磨き記録 (11)
How to シューケア (8)
靴磨きグッズ (6)
うつと向き合う (5)
趣味のおはなし (4)
未分類 (1)
靴のあれこれ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス数

QRコード

QR