FC2ブログ

靴を育てて、心を宿す。思うがままに。

~靴磨きを通じて、己の精神をも磨いていく。靴も自分も、使い捨てられぬよう~

靴磨きは緊張感を生み出す、かもしれない

実家から新幹線に乗り、戦場(?)に戻って参りました。
授業の前に、家寄って靴磨きたいなぁ。
昨日のビーズリッチクリームのワクワク感でいっぱいです(笑)

さて、靴の話をしてるくらいだから、ファッションに詳しいかと言われると、
まっっったくそんなことないです。

服は流行よりも、変わらずモノトーンでいいやん、とか思ってますしね。
(靴を磨くようになってからは、意識するようにはなりましたけどね)

でも、真面目に少しだけファッションのお話を。
全身のトータルコーディネートのなかで、アクセントとなるポイントは3つあります。

首、手首、足首です。

黒い普通のスーツなんだけど、ネクタイがオシャレだったらオシャレな人に見えたり、
コートは普通でもマフラーがオシャレだったらセンスいいなぁとか思ったりしませんか?
手首にブレスレットとかしている人を見かけたりしてませんか?

そうです、それです。ファッションのアクセント。
腕時計も1つですが、選ぶときに、何でもいいや、とはならないでしょう?

せっかくなので、腕時計を例にしましょう。
チープカシオとかも流行ってはいますが、
進学や就職、昇進とかしていくにつれて、きちんと服装に合った時計が必要になってきたりします。
私も進学祝いに贈っていただいたのをメンテナンスしつつ、大事に使わせてもらっています。
(一概に値の高い時計とは言わないけれど、高級時計は1本はあるべき)

普段のカジュアルな腕時計や安い腕時計から買い換えた直後、その腕時計を着けるとき、どうでしたか?
少しは緊張しませんでしたか?または、気持ちが昂ったりしませんでしたか?

靴も足首の近くなので、ファッションのアクセントとなるものです。
しかも、革靴となると、安くても1万円くらいしますので、決して安いものではないと思うんです。
新品の靴を奮発して買って、その靴で初出勤。そりゃ、気持ちが昂るでしょう?
がんばろう、と緊張した面持ちになるんじゃないかな、と思います。

でも、皆さんの意識が低いものだと思います、
毎日欠かさず身に付けているものなのに

靴は汚れるものです、それは仕方ないです。
でも、だからといってメンテナンスしなくていいわけでは無いです。
ちょっときれいにするだけで、気持ちを昂らせたりもできますし、
足元まで見られていると思うと、全身に気を遣えるようになるはずです。

靴磨きで世界一になったブリフトアッシュの長谷川さんは著書の中で
靴磨きはセルフマネジメント
とおっしゃられています。これは間違ってないと思います。

緊張感をもって取り組むことの方が上手くいくはず。
靴なんかは慣れてしまいかねないものですが、それでも意識することが大事なんだと思います。
初心忘るべからず
靴磨きをしてみると、あの頃の初心を思い出し、頑張っていけるんじゃないかな。
「靴磨きは緊張を取り戻してくれる自己研鑽である」、そんなことを考えながら、日々磨いています。
スポンサーサイト



  1. 2017/12/02(土) 11:29:00|
  2. 靴のあれこれ
  3. | コメント:0
<<矢場古靴店に行ってきました | ホーム | ビーズリッチクリーム、やばい!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ちむにぃ

Author:ちむにぃ
ねんれい: 20歳代
しごと: 大学院生、塾講師
    →医療機器メーカー社員
就活を通じて感じてきた、
靴磨きに対する想いを、
今ここで熱く語る・・・!(?)
靴磨きに限らず、あれこれと。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

靴磨き記録 (11)
How to シューケア (8)
靴磨きグッズ (6)
うつと向き合う (5)
趣味のおはなし (4)
未分類 (1)
靴のあれこれ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス数

QRコード

QR