FC2ブログ

靴を育てて、心を宿す。思うがままに。

~靴磨きを通じて、己の精神をも磨いていく。靴も自分も、使い捨てられぬよう~

矢場古靴店に行ってきました

京都、寺町にある古靴店に行きたくてウズウズしています。
こんにちは、こんばんは。ちむにぃです。

このあいだ、京都の「モラール」という古靴店の情報をゲットしました。
ここのお店、品揃えが東京のお店くらい、しっかりしているということで、行きたくってウズウズ。
しかも、ネットの在庫を見ると、大きめサイズが多くって、ワクワク。どんな1点が見つかるかなー!
(やらなきゃいけない課題は山積していて、金曜日に京都行くまでは我慢です・・・)

で、我慢できないし、名古屋にもあるやろー、と検索して見つけたのが、矢場古靴店です。
矢場町駅のパルコ横のビルの2階にあります。初見では入りにくい感じですww
矢場古靴店 その2

こんな感じに、階段の踊り場のようなところで営業されています。狭いけど、雰囲気はいいぞ・・・!!
矢場古靴店 その1

で、私が行った時には、店員さんが掃除機をかけておりまして、なかなか入れず・・・笑
いざ入ってみると、なかなかいい品揃えだなー、と思っておりましたが、店員さんから衝撃の一言。
「ご存知かもしれないんですけど、もうすぐ店仕舞いするので、在庫が少ないんですよー」
え?え?閉店しちゃうの!?マジで!?
と驚きを隠せない状況で、品探しをスタートさせます。
(行きたい方はあと3週ほどで閉めちゃうそうです、お早めに・・・。)

店員さんにサイズを聞かれて、
「28cmの3Eです」と普段のサイズを言うと、なぜか首を傾げられたので、きちんと測定することに。

・・・サイズが違っておりました。ダメですね、きちんと測定してもらわないと、ね。
私のサイズは「28.5cmのCまたはD」とのこと。足幅(ワイド)が大きすぎたんですね、普段のは。反省です。
このサイズは欧米の方々に近いらしく、アメリカ製とかフィットするの多そうですね、と言われてきました。
アメリカ製って、オールデンとか??いやいや、高価すぎて、そんなの買えません・・・。

で、このサイズなら1つだけ残っている、ということで出していただいたのが、これでした。
アメリカ製サービスシューズ?

Made in U.S.A.の80年代のシューズです。おそらくサービスシューズではないか、と。
これ、超キレイな状態だったんです。たぶん、前の所有者は1回しか履いてないんじゃないかな。
かかとは擦り減ってないし、レザーソールもほぼツルツルのまま。
アッパーのガラスレザーもひび割れ、ほとんどない状態。
グッドイヤー製法で、お値段税込みの8000円というじゃないですか・・・!!
試しに履かせていただくと、自分の足に吸い付いてくるような感覚・・・!
これは何かのご縁だ、買うしかない!(先日、母が出雲大社で私の良縁祈願をしてきたそうですが・・・)

・・・というわけで、買っちゃいました。あぁ、お金が無尽蔵にわいてくるならば・・・!
というわけで、これは一生ものです。店員さんが語ってくれた熱き想いとともに、歩んでいきたいと思います。
スポンサーサイト



  1. 2017/12/05(火) 00:37:32|
  2. 靴のあれこれ
  3. | コメント:0
<<靴の修理報告。 | ホーム | 靴磨きは緊張感を生み出す、かもしれない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ちむにぃ

Author:ちむにぃ
ねんれい: 20歳代
しごと: 大学院生、塾講師
    →医療機器メーカー社員
就活を通じて感じてきた、
靴磨きに対する想いを、
今ここで熱く語る・・・!(?)
靴磨きに限らず、あれこれと。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

靴磨き記録 (11)
How to シューケア (8)
靴磨きグッズ (6)
うつと向き合う (5)
趣味のおはなし (4)
未分類 (1)
靴のあれこれ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス数

QRコード

QR