FC2ブログ

靴を育てて、心を宿す。思うがままに。

~靴磨きを通じて、己の精神をも磨いていく。靴も自分も、使い捨てられぬよう~

ブラッシングでここまで変わる!

昨日、汚いなぁと思った状態の革靴がこちら。
ブラッシング前1
色が抜けちゃって、とか、革がへなへなで、とかいうわけではないけれど、
先端の方とかは擦れて白っぽくなったりしているのです。
(授業に履いていったので、チョークの粉を被っているのもあります・・・)
ブラッシング前2
さぁ、これではいけません。

しかしながら、靴クリームを塗るのは少し手間・・・
ですが、履いたから、といって毎回塗る必要はまっっったくありません!
毎回のお手入れで欠かせないのが馬毛ブラシでのブラッシングです。
これをするのと、しないのとで、大違いであることをご覧に入れましょう。

それでは、ブラッシング後のようすがこちら。
ブラッシング前1ブラッシング後2
※クリームは塗ってません。ブラッシングのみです。
どうですか!擦れてできた傷が目立たなくなっているでしょ!!すごいでしょ!!!

玄関にブラシを置いておけば、
靴を脱いで、その場で馬毛ブラシもって、
靴の埃を落とすようにブラッシングするだけで、
こんなにも変わる。

靴の寿命は、これだけでも、はるかに長く持ってくれます。
これだけでいいなら、ちょっとはやってみようと思いませんか?(笑)

馬毛ブラシは、毛が柔らかめなので、あまり力を入れずにブラッシングをします。
(豚毛は硬めなので、力を入れてゴシゴシやることが多い。ということは使用用途が違います)

ちなみに、私はコロンブスのものを使っています。(京都の伊勢丹で1500円でした)
これは手のひらに収まらない、くらいの大きさです。
馬毛ブラシ
小さいのよりは、ちょっと大きめの方がブラッシングしやすい、と私は思います。(馬毛ブラシのときは、ですけど)
東急ハンズなんかでは500円くらいから馬毛ブラシを揃えてありますから、一度手に入れてみてはどうでしょうか。
(東急ハンズで靴磨きのセットを揃えようとしたら、ちょっと値が張るので、買うのは必要最小限に・・・笑)

スポンサーサイト



  1. 2017/10/25(水) 01:07:44|
  2. How to シューケア
  3. | コメント:0
<<革靴の基礎知識・・・靴の製法について・・・ | ホーム | KENFORD 帰宅後についつい・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ちむにぃ

Author:ちむにぃ
ねんれい: 20歳代
しごと: 大学院生、塾講師
    →医療機器メーカー社員
就活を通じて感じてきた、
靴磨きに対する想いを、
今ここで熱く語る・・・!(?)
靴磨きに限らず、あれこれと。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

靴磨き記録 (11)
How to シューケア (8)
靴磨きグッズ (6)
うつと向き合う (5)
趣味のおはなし (4)
未分類 (1)
靴のあれこれ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス数

QRコード

QR