FC2ブログ

靴を育てて、心を宿す。思うがままに。

~靴磨きを通じて、己の精神をも磨いていく。靴も自分も、使い捨てられぬよう~

革靴の基礎知識・・・靴の製法について・・・

みなさん、こんにちは、こんばんは。ちむにぃです。

革靴って、いざ買いに行こうとすると、値段がピンからキリまでありますね。
ドン・キホーテで買おうとすれば2000円から買えますし、
(本当に買える、私も使ってた時期があります)
百貨店の紳士靴売り場なんかに行ってしまうと、もう数万円、数十万円なんてものまであります。

値段の違いはどこで生じるかというと、大きく分けて2つあります。
1つは革の素材です。
革靴のタグに牛革を使ってます、とか書いてあったり、人工皮革というものを使っていたり。
まぁ、実は革の素材によってお手入れ方法が異なってきたりするので、
手入れをしないという方は人工皮革の靴を買えばいいんじゃないでしょうか?
(手入れしないくせに、やれ天然の革じゃないと!とか言ってる人もいますが・・・ふざけんな!笑)


もう1つが、今回のテーマでもある、靴の製法です。
もっと正確に言うと、靴底の取り付け方です。
1番安くできるのは、靴底を接着剤でペタンと貼り付けてしまう、セメンテッド製法というものです。
よく、靴底が剥がれた、とか言っている人の靴はこの製法ですね、たぶん。
この製法の靴だと、1万円以下で買えることが多いです。

その次に、安くてよく使われている製法は、マッケイ製法ですね。
私の持っている靴も、この製法が多いです。
この製法は、靴底を、靴の中敷きのところと直接縫い合わせているものです(ざっくり言うと、ですが)。
縫い合わせている分、値段が上がっている、といった感じでしょうか。
この製法の靴の形は、スタイリッシュなものが多い、と言われたり、そうでなかったり。
セメンテッド製法の靴は、靴底の交換に難儀するんですが(ガッチガチに固めてあって綺麗に剥がせない)、
マッケイ製法の靴は靴底の交換が可能、と言われます。まぁ、縫い糸抜けばいいだけですし。
ただ、再度縫い合わせたりすると、靴へのダメージは大きいので、何回も交換はできませんが・・・。

で、一番いい製法が、グッドイヤー・ウェルト製法および、その派生型です。
マッケイ製法と同じく、靴底を縫い合わせる製法なんですが、縫い合わせる先が、靴の中敷きではなく、
靴の中敷きに縫い合わせた、ウェルトと言われる布?革?になります。
このウェルトを取り付けるのが、めっちゃ難しいんだそうで・・・。
靴底の交換の際にも、ウェルトが傷んでも、靴が傷まないので、複数回交換できる、
ということは大事に履けば一生ものにすることができる靴なんですねぇ。
この製法の靴は重い、と言われることが多いんですが、そりゃ構造が複雑だもん、仕方ないよ・・・。
この製法の靴が欲しい、というと、ざっと3万円とか4万円以上はします。お値が張るんだ、でも憧れなんだ。

まぁ、製法についてタラタラと述べてしまいましたが、
どの靴がどの製法かは、パッと見て区別できません(おい)
だって、セメンテッド製法のくせに、オシャレっぽく縫い目のデザイン入れてるやつが多いもん・・・
なので、店員さんにきちんと確認することをオススメします。

まぁ、安くて、グッドイヤー製法のブランドといえば、
ジャランスリバヤ(Made in Indonesia)、スコッチグレイン(Made in 墨田区)
あたりでしょうか。この辺は本当におすすめです、私も狙っているブランドです。
Made in Japanのリーガル、ってありますけど、あれはグッドイヤー製法もマッケイ製法も混在しているので・・・。
リーガルの弟分と言われる、KENFORDはセメンテッド製法ですが、割り切って買うならコスパはいいよ!
(実際、私も履いていますしね。大事に大事に・・・)

まぁ、靴屋さんに行って、革靴を新調するときに、参考になれば…。
あ、今度、ドンキの靴について書いてみようかな。
スポンサーサイト



  1. 2017/10/29(日) 14:20:18|
  2. 靴のあれこれ
  3. | コメント:0
<<リーガル worth collection | ホーム | ブラッシングでここまで変わる!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ちむにぃ

Author:ちむにぃ
ねんれい: 20歳代
しごと: 大学院生、塾講師
    →医療機器メーカー社員
就活を通じて感じてきた、
靴磨きに対する想いを、
今ここで熱く語る・・・!(?)
靴磨きに限らず、あれこれと。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

靴磨き記録 (11)
How to シューケア (8)
靴磨きグッズ (6)
うつと向き合う (5)
趣味のおはなし (4)
未分類 (1)
靴のあれこれ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス数

QRコード

QR